「後楽園駅」徒歩3分、「春日駅」徒歩2

ご予約・お問合せ 03-3812-5562

WEB初診予約 ここから>>

当日初診予約も承っております

認知症(物忘れ外来)

点認知症とは点

認知症

認知症とは、正常に働いていた脳が脳の病気や障害のために機能低下を起こすことで、やがて記憶や思考などに影響が現れる疾患です。年をとるほど発症しやすいという特徴もあります。高齢化がすすみ、2025年には65歳以上の5人に1人が認知症になるという統計が出ています。ただ、若くても脳血管障害や若年性アルツハイマー病を疾患することで認知症を発症することもあり、65歳未満で認知症を発症した場合は、若年性認知症と診断されます。この病気を発症すると、物事を記憶、判断する能力、時間や場所・人などを認識する能力が衰えていくため、日常生活に支障が生じるようになります。

点物忘れの自覚があれば速やかに検査を点

 もの忘れは認知症はもちろんのこと、それ以外の病気でも生じることがあります。もの忘れの自覚があるようなら検査を受けることをお勧めします。検査では、認知機能を調べる心理検査、他の病気による影響でないかを確認する血液検査、脳の状態を調べる頭部CTや頭部MRIなどがあります。

 その結果、加齢による良性健忘で特に問題がない場合もありますし、例え認知症と診断されたとしても早期(初期段階)に発見することができれば、完治させることは困難としても、進行を遅らせることは可能です。他方、認知症ではなく、高齢者のうつ病、てんかんや意識障害といった別の疾患を患っていたことが判明することもあります。これらの診察・検査・治療に関しては、当院では、日本認知症学会が認定する認知症学会専門医でもある医師が行います。

点認知症が疑われる主な症状点

  • もの忘れがひどい
  • 場所や時聞がわからなくなる
  • 良く迷うようになった
  • 人柄が変わってしまった
  • 判断や理解力が低下している
  • 何事にも意欲がみられない、興味がない
  • 不安感が強い など

点うつ病との関連性について点

 高齢者がうつ病を発症している場合、身体症状もよく似ていることから、認知症と間違われることも多くあります。うつ病により認知機能低下が出現している場合、仮性認知症と呼ばれます。この場合、うつ病が改善すると症状が消えると考えられていますが、ある報告によれば、うつ病から軽度認知障害へと移行し、最終的に認知症を発症するという指摘があるほか、うつ病と認知症を合併している場合もあるとも言われています。うつ病になると認知症になる可能性が高くなるという報告があり、認知症の発症を防ぐためにも、高齢者のうつ病は治療が必要です。高齢者のうつ病と認知症の区別は難しいので、気になる症状がありましたら、まずは診察を受けてみて下さい。

後楽園こころのあかりクリニック
診療科目
心療内科、精神科
院長
吉川大輝
住所
東京都文京区本郷1-35-26 
LEREVE文京本郷2F
TEL
03-3812-5562
アクセス
  • 東京メトロ南北線・丸の内線「後楽園駅」6番出口より徒歩3分
  • 都営三田線・都営大江戸線「春日駅」A1・A2出口より徒歩2分
  • 都営三田線・都営大江戸線「春日駅」文京シビックセンター(文京区役所)出口より徒歩3分
  • 東京メトロ南北線・丸の内線「後楽園駅」5番出口より徒歩4分(文京シビックセンター内経由し、春日通りに面した1階出口より徒歩3分)
  • 都営三田線「水道橋駅」徒歩7分
  • 都営大江戸線「本郷三丁目駅」徒歩7分
  • JR中央・総武線「水道橋駅」徒歩10分
診療時間 日祝
10:00~13:30
15:30~19:00

問診票のご記入等にお時間をいただきますので、初診の患者様は予約時間の15分前迄にご来院ください。

火曜日は朝9時より診療

休診日:木曜・土曜日午後、日曜、祝日
〇…9:00~13:30 ★…15:30~18:00